2008年02月27日

かまきり拳法(ラビット関根)

世界樹の迷宮で、序盤の大きな壁といえばそう、カマキリです。
今回の世界樹の迷宮2でも出てきましたよ。カマキリが。

幸い、今回のシステムは逃げるのがアイテムやらスキルを使うことで非常に楽になっているので、前回とは違い今回は勝負を避けていました。前回は真っ向から勝負を挑んで、レベル12とかで倒したんだっけかなあ。よく倒したもんだ。

でもいつまでも逃げてられないってことで、チャレンジしてみました。


基本的に構成はキマイラ戦と同じです。
ちょっとレベルが上がって、バード以外LV20に、バードはLv19ですね。

戦ってみたところ、相変わらず攻撃力は高い。
んがしかし。前衛しか攻撃してこないっぽい?
前回もそうだったっけかな?

というわけで、防御力は紙っぺらのように薄い我がパーティーですが、さすがに防御コマンドを使えばくらうダメージは減ります。前衛は防御。後衛のドクトルマギスが回復。ガンナーが攻撃。バードが補助。

という流れで案外あっさり倒せました。
炎が弱点っぽいので、ガンナーの炎ショット(ドクトル鬼力化5Lv&バードの猛き歌5Lv付き)で150ダメージぐらい出る模様。

倒すとやわらかい鎌が手に入ったんですが、やっぱり3ターン以内に倒すとレアドロップとかなのかなー


posted by むーむー at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。