2007年07月22日

個人タイムトライアル

ロードレースの場合、他のレースとは違って集団で走ることが重要になります。たくさんの人数で先頭交代ができるほど有利になるので、基本的には違うチームの人達とも集団で走るんですね。

さらに、ゴールから一定の距離に入ると、集団の先頭がゴールしたタイムがその集団に参加していた人達全員のタイムになるというルールがあります。これは、無理して集団の中で順位を変えようとすると事故につながるからですね。

というわけで、「こいつには負けたくない!」と思ったら、その人と同じ集団に入るという戦術が使えます。1位の人が2位の人と同じ集団にいたら、少なくとも2位の人には抜かされないわけです。

ではいったいどこでタイム差がつくのか。ゴールをしたり、チェックポイントを通過するときに1位からもらえるタイムボーナスで差がついたりもしますが、基本的にはタイムトライアルと山岳ステージなのです。

山岳ステージは集団で走ろうにも、山が得意な選手と山が苦手な選手だと同じ集団で走ることができず、山が得意な選手がぐんぐん後続を引き離しやすいわけです。集団がちぎれちゃえば、タイム差がつくわけですね。

タイムトライアル(以下TT)は、個人TTとチームTTとがあるんですが、個人TTの場合は自分一人の力で走らなければなりません。誰かと協力するとかは無し。そしてゴールしたタイムがそのまま加算されます。だから、負けたくない相手にくっついて同じタイムで……ということができないのです。

そんなタイムトライアルが行われたのが昨日の13ステージ。ここでまさかまさかという展開が待っていました。

前日まで1位のラスムッセンは山岳ステージが超得意でTTが苦手。2位のバルベルデは山岳が得意でTTも得意というほどではないけど、苦にしないタイプ。3位のマヨは山岳が得意でTTが苦手。

だからバルベルデがここで1位逆転するかなーと思っていました。

そしたら何と!!
バルベルデは調子があがらず、首位から6分遅れでゴール。マヨも6分遅れでゴールして、この二人が一気に総合争いから脱落することに。

ラスムッセンはまさかまさかの首位から2分ちょっと遅れ。3分前に出発したバルベルデを追い抜いてしまう勢いで、総合1位の座を守りきりました。

2位にはカデル・エヴァンスが。オーストラリア出身のオールラウンダーがTT2位の成績で一気に総合2位。もう少しでラスムッセンを抜くところ。

そしてTT1位はまさかまさかのヴィノクロフ。大怪我をして両膝を15針も縫う怪我からの復活。この日だけで一気に3分以上のタイムを挽回して、総合80位から総合9位にまで復帰しました。すげー

今日からピレネー山脈3連戦です。
そう、自転車でピレネー山脈を登るのです。
今日からの3日(火曜日は休養日だから日・月・水)と、最終日手前のTTしかタイム差がつくステージは残っていません。

ヴィノクロフは「僕らはアタックするよ!」と言っているようです。

果たしてどうなるのかなー


リストの最新のタイムとかを反映させたバージョンはこちら。
TDF2007list_ver6.1.1.xls


posted by むーむー at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

わんわん落車

ツール・ド・フランス第9ステージでブルーグハートという選手が落車してしまいました。

友達から

「ブルーグハートがラブラドールと衝突して落車したよ」

と聞かされたときに、はて、ラブラドールなんて選手いたっけ? と言ったら返ってきた答えがこれでした。

「犬だから」

えーーっ?! 犬と衝突して落車?!

その模様が早くもニコニコ動画にアップされていました。僕も録画してある奴を見直さなきゃ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm653766

ちなみにリストはちょっとずつ更新していまーす。
山岳ステージは逃げがたくさんいて、どうチェックをつけたものか悩む。
TDF2007list_ver6.1.xls
posted by むーむー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

ツール5thステージ

今日は何というか、総合優勝狙いの人達にとって悪夢のようなステージでした。

自転車レースは風圧との戦いです。
自動車と違って、風圧をもろに自分で受けてしまうため、スピードを上げれば上げるほど疲れてしまうのです。

じゃあ風圧を受けないようにするにはどうしたらいいか。これは、前の人の後ろにぴったりつくという戦法になります。ようするに、前の人を風除けにするんですね。そうすれば負担が減ります。

だから一人で走るよりも、みんなでかわるがわる負担を分散することができる(先頭を交代する)集団の方が早いわけです。そして、自転車レースでは集団が非常に長くなるため、集団の先頭がゴールすると、その集団に参加している人達は同じタイムになるというルールがあります。これは、道が狭い中を集団内で順位争いをすると事故につながるからですね。

各チームにはそれぞれ「エース」がいて、残りの人達は「アシスト」になります。レース中はアシストの人達がエースの風除けになってエースの負担を減らすというわけです。

で、今日はそんなエースの人達の受難のステージでした。

今回落車、マシントラブル、パンクなどで集団から遅れた有力選手、つまりは各チームのエースは以下の通り

・マヨ
・クレーデン
・モロー
・ヴァルベルデ
・サストレ
・ヴィノクロフ

……なんていうか、優勝候補一覧?

もちろんそれぞれ各チームのアシスト達が集団から遅れてでも(足を止めてでも)エースに合流し、献身的にアシストして集団まで戻します。

特に悲惨だったのがヴィノクロフ。
優勝候補筆頭で、今年はヴィノクロフの年になるとも言われていたのに、カメラマンのバイクとぶつかって落車。ジャージのお尻のところがやぶけたりするぐらいの結構大きな事故でした。

ヴィノクロフのチームであるアスタナは7人がかりでヴィノクロフを集団に戻そうとしたけれど、いかんせん事故のタイミングが残り20kmぐらいだったため間に合わず。結局今日は1分以上の遅れで、総合順位は1位から2分10秒の差がついてしまいました。あーあー。

そしてファイルの方は友達が更新してくれてチーム順位とか出るようになっていたので、今日の結果を貼り付けてアップしてみました。
TDF2007list_ver6.xls
posted by むーむー at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

ツール3rdステージ

昨日の第3ステージは前日の落車のせいか、ゆっくり目のレース展開。ヴォゴンディ(アグリチュベル)とラダニュ(フランセーズデジュー)が逃げていたけど、基本的にはのんびりしていました。しかし、アグリチュベルは毎回逃げる人がいますね。素晴らしい。タイプ的に、今日はエルベあたりがまた逃げるんじゃないかな?

そんなレース展開だったせいか、比較的Jsportsでの中継も風景の比率が多めでした。でも、だからって、普段は見えちゃ行けないトイレシーンとかも映しちゃ駄目だろうとか思っちゃったりして。

そう、自転車レースは長丁場なので(昨日は7時間ぐらいのレースでした)、選手がトイレに行きたくなるとどうするかというと、まあ、道ばたで用を足したりする訳なのです。でもって、それがばっちり映像に映ってしまった、と。

そんなレースでしたがゴールは圧巻でした。現在1位のファビアン・カンチェラーラがまさかのロングスパート。そしてゴール!!

言うなれば、100m走で、中距離選手が優勝しちゃったようなもんです。しかも、その人だけ800mのところから走り、最後の100mから走った100m走の選手に勝っちゃった、と。

今年のツールは毎回予想外だらけで楽しいなぁ。

リストがちょこっと更新されています。
表記揺れがなくなったり、説明書がシートに入っていたり。
TDF2007list_ver5.4.xls
posted by むーむー at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ツール・ド・フランス選手リスト

ツールにはたくさんの選手が参加しています。1チーム9人で、それが21チームあるわけですから189人いるわけですね。

しかも、それぞれに得意技というか、得意なステージがあったりするわけなので、当然レース観戦中にも

「あいつは○○が得意だからいまここで抜け出したんだな」

とかわかる方が面白くなります。

Jsportsのサイトに出走選手リストがあるんですが、これは名前と誕生日と国籍だけで、どういうレースが得意なのかとかそういう情報が無いわけなのですよ。

http://www.jsports.co.jp/style/tour2007/startlist/index.html

というわけで、色々と他の情報を取り込んだ選手リストを作ってみました。作ってみたというか、企画と原型と細かいデータは僕で、後は見やすくしたりソートできるようにしたりは全部友達がやってくれたんですけれども。でも、これがあれば色々とレース中にも困りません。各選手のエースや有力候補なんかもわかるようになっています。

以下、特徴。

○各選手のタイプおよび、各チームのエースを明記
これがわかると俄然レースが楽しくなります。あ、このチームはこういう戦略できているんだ!! とか、こいつはエースを守るためにこういう動きをしているんだ!! とか。

○各賞有力候補
各賞を狙う有力候補で、特に有力な人には◎を、有力な人には○をつけました。あと、ナショナルチャンピオン(その国のチャンピオン)は違うジャージを着ているので、その人もわかるように。

○ソート機能
〜を基準に並べ替えたらどうなるかなー、とかが気軽にできちゃいます。

○印刷機能
印刷用のシートがあるので印刷するときはこれがいいかも。ジャージアイコン付きです。

○携帯機能
携帯のドキュメントビューア用の軽量シートもあります。

○逃げカウント機能
集団から逃げた人は、各ステージのところで○をつけてチェックできるようになっています。残念ながら手動更新ですが。でもこれがあると、あ、こいつはまた逃げている!! とか、このチームは毎日のように逃げているなぁ、とか色々わかって楽しくなります。

○手動更新方法
データは手動更新になっちゃうんですが、最新のデータを反映させられます。

1.公式ページへ
 http://www.letour.fr/

2.classementタグをクリック

3.下に出てくる順位表、「Rang」の下の1.から最後までを
 範囲選択→コピー

4.エクセルを開き、「rank」のシートを開く

5.「個人総合」の「貼り付け用」の箇所に※貼り付け
 
6.公式ページへ戻り、緑ジャージのアイコンをクリック

7.3〜5繰り返し(「スプリント」「山岳」「新人賞」それぞれに)

これでのこり3つのシート全てに結果が反映されます。
ただ、IEとExcel2003の組み合わせだと、データの貼付けがhtml形式になっちゃったりしますので、国旗とかが入っちゃう。というわけで、面倒ですが1度Excelの別のところに貼付けて、その貼付けたデータをコピーし、貼付け用のところに「形式を選択して貼付け」→「値」で貼付けられます。

ダウンロードはこちらからー
右クリック→ファイルを保存で保存してください。
TDF2007list_ver5.3.xls

データの更新もこまめにやりたいと思っております。はい。
何かデータの間違い等がありましたら指摘してくださいませ。


で、こんな素敵な選手リストも発見しました。
ゆるコミさんのスタートリストです。
僕の方は、主にJsportsのリストとCycleSportsの観戦ガイドを情報源に作ったんですが、こっちの方が詳しいかもー。色々と参考にさせていただきます。
posted by むーむー at 18:09| Comment(1) | TrackBack(0) | ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツール・ド・フランス開幕!!

ツール・ド・フランスとは、自転車のロードレースで世界最大のレースです。3週間かけてフランスを一周するとても過酷なレースなのです。ロードレース大好きっ子さんの夢の祭典なわけですね。サッカーW杯に次ぐ、世界で2番目に大きなスポーツイベントなのです。

今年はロンドンでスタートし、その後ベルギーに入り、フランスへというスケジュールになっています。1日200kmとか走るわけですから、総走行距離も放映時間もとんでもないわけで、時差が6時間とかある日本では基本的に夜中の放映になるわけです。

と、いうわけで早くも寝不足に。だって初日から面白過ぎるんだもん。
ロードレースの楽しみ方とかは追々書いて行くことにして、まずは雑感を。

プロローグは個人タイムトライアル。
現タイムトライアル世界チャンピオンのファビアン・カンチェラーラが圧勝。見ているだけで他の人と速度が違います。他の選手とは異次元の走り。イギリスはロンドンスタートだったのでイタリア人レーサーが奮起するも、カンチェラーラには届きませんでした。ウィギンスが何とか4位に入ったぐらい。

1stステージは昨日優勝できなかったのが悔しかったのか、イギリス人のミラーが奮起して逃げ集団に。最後は集団に吸収されてしまいましたが、それでも山岳ポイントをゲット。おめでとう。でも1stステージの主役はロビー・マキュアンでした。

途中で落車するマキュアン

やる気を失う(ように見せた)マキュアン

プレディクトール・ロット(チームメイト)が懸命にアシストするも、なかなか集団に追いつけないマキュアン

残り5kmぐらいでようやく追いつくマキュアン。チームメイトは任務完了なので、だらだらモードに。

姿が見えなくなるマキュアン

残り1kmを切ってもマキュアンがどこかわかりづらい

最後の直線、残り100m!!

いきなり先頭に現れるマキュアン!! ボーネンだけが気づくも、振り切ってゴール!!

2ndステージはベルギーステージ。というわけでベルギー人が頑張る日です。
ベルギーの英雄といえば、何といってもトム・ボーネン。自転車だけで鍛え上げた身体を持つスプリンターで、全裸で出演した広告が話題になったりした超スーパースター。でも、去年はツールで1勝もできなかったから今日は何が何でも勝ちたいはず。

というわけでボーネン率いるクイックステップが集団をコントロールし、あと2kmでゴールという時に落車事故発生!! ツァベルがはすった(ちょっとタイヤが滑った)表紙に他の選手にぶつかり、その選手が落車→狭い道だったのでその後の人達を巻き込んでの集団落車になってしまいました。

残り3kmを切っての落車は、ゴールした人と同じタイムという扱いになります。というわけで落車した人達はもうあきらめて、沿道のテレビ放送に見入るモードに。こんなん始めて見た。

で、レースはどうなったかというと、クイックステップのステーグマンがボーネンを引っぱり、最後のゴールスプリントに。そしたらそのままステーグマンがゴール!! あれ、ボーネン追いつけなかった?!

二人のインタビューを見ると、こんな感じだったそうです。
http://www.jsports.co.jp/style/tour2007/report/index.html

今日はどんなレースになるかなー
posted by むーむー at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

albedo flip

最近話題になっている環境問題の用語に「albedo flip」という言葉があるらしい。いったいこれは何だろう? ということでちょっと調べてみました。

まず、albedoというのは反射係数のこと。入ってくる光とそれを反射する光の比率になるわけですね。環境問題で言うところのalbedoは、太陽光をどれだけ反射するかについて言及するときに使われています。

例えばアスファルトは、albedoが0.2〜0.25ぐらい。これが雪面になると0.4〜0.7にもなるというわけです。言われてみれば、雪面の方が反射する光が多くて雪目になったりするのも、雪面のalbedoが高いからですね。

これが何に関係してくるかというと、地表の温度に関係してくるのです。地表の温度は太陽の光が地表に当たり暖まると上昇し、一方でその熱が宇宙へ放射することによって下がります。だから、光の当たっている昼間は暖かいし、夜は冷える。晴れよりも曇りの方が冷えるというわけですね。二酸化炭素が増加して温暖化うんぬんと言っているのは、このうちの冷える方の熱放射を二酸化炭素が食い止めてしまうからになるわけです。温室効果というやつですな。

で、albedoが温暖化とどう関係してくるかというと、北極や南極の氷にあるとか何とか。極地の氷は透明な氷ではなく、白い氷です。ということは、albedoが高い(光を多く反射する)。で、これが溶けていくと、それよりもalbedoが低い海や陸地が出てくるわけです。反射係数が低いということはそれだけ太陽光を吸収して熱になるということなので、氷が溶け始めればますます温暖化は加速していく.......みたいな感じになっているわけですね。

しかも、今まではずーっと氷の下にあった北極の海とかが日光で暖められて海の温度が上昇したりすると、それが環境にどういう影響を及ぼすかとかも考えなきゃいけないらしい。その辺の諸々を総称した考え方がalbedo flipなんだそうだ。

北半球の森林での二酸化炭素吸収量が想定の半分だったというニュースもあったし、温暖化関連ではまだまだわからない事だらけですな。まあ、こればっかりは実際に実験してみるってわけにもいかないから、なかなか難しいんでしょうけどー。
posted by むーむー at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

AmazonのSEO

SEOに関するお話で、最近聞いてなるほどーと思ったお話のメモ。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、つまるところは検索エンジン最適化という意味です。

今の時代はGoogleだとかYahoo!だとかMSNだとかの検索エンジンが優秀なので、ブックマークを利用するよりも検索で出たページにアクセスをすることが多い。でもって、検索エンジンで表示された検索結果のどこをアクセスするかと言うと、上位に表示されたものからアクセスをする。だから、Googleなどの検索結果で上位になるようにページに作り方を工夫するというのがSEOになるわけです。

このSEOをしっかりと行い、書籍系の検索(特にGoogleで検索したとき)で最強と思われるのがAmazonさんです。書籍で検索をかけると、必ずと言っていいほどAmazonのリンクが上位に来る。もちろんスポンサーリンクもあるけれども、普通の検索結果でもたいていの場合は1位がAmazonのリンクになるんじゃないかな。

その秘密にはアフィリエイトとか色々あるけれども、こんなところにもあるんだなというお話を聞きました。例えばちょっと宣伝になっちゃうけれども、僕が執筆に参加した本にこういう本があります。

「自転車乗り快走ノウハウ」

この本のamazonのリンクだとこうなる

http://www.amazon.co.jp/自転車乗り快走ノウハウ基本から応用まで−誰でも楽しめる/dp/4533066100

もしくはこっち。
http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E4%B9%97%E3%82%8A%E5%BF%AB%E8%B5%B0%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%8F%E3%82%A6%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%8B%E3%82%89%E5%BF%9C%E7%94%A8%E3%81%BE%E3%81%A7%E2%80%95%E8%AA%B0%E3%81%A7%E3%82%82%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%81%E3%82%8B/dp/4533066100

そう、書籍名がURLの中に入っているんですね。これがポイントだそうな。

こんな風に書籍名がURLの中に入るようになって、リンクを張る時に使いづらくなったなぁとか思っていたんですが、これもSEOのためだとか。なるほどー!

SEOの基本は、特にGoogleの場合はいかにリンクを張られているか、ページの内容がその内容にどれだけ沿っているか、ということです。で、URLにまでこの本のタイトルを入れることによって、そこでリンクしてもらったりしたときの効果を高めたりとか色々やっているそうな。

ちなみに、この書籍名を抜いてもリンクを張れるのは余り知られていないらしいです。僕も友達に教えてもらうまで知りませんでした。上記の本の場合、

http://www.amazon.co.jp/dp/4533066100

でアクセスできるというわけですね。こっちの方が短くていいんだけど、SEO的効果は少ないんだろうなぁ。
posted by むーむー at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重機の夜

先日、見学ナイトvol.4 重機の夜に参加してきました。

社会科見学にいこう!のぴろり、さん主催のイベントで、今回のテーマは重機。そう、工事現場で大活躍するダンプやらショベルやらブルドーザーやらのあの重機なのです。普通の車は(乗り物酔いの人なので)全く興味は持てないんですが、様々なギミックが搭載されているメカメカしい乗り物は大好きなのですよ。

今回のゲストはコマツの宇佐美さんと、建機ライターの増田さん。増田さんは日立建機の広告(?)をずーっと作ってらした方で、建機のオーナーさんにインタビューなども多数しているのでした。

それはさておきですね。重機。すごいです。
その技術力が凄い。

例えば、コマツさんの小松一式均土機(ブルドーザーの昔の呼び名!)は、フィリピンで稼働した後、米軍によって海に廃棄されたものが引き上げられ、そのまま普通に使われていたそうです。それを持ち主の人に譲ってもらって、日本に飾られているとか。

海に沈んだ機械なんて、引き上げたって動かないんじゃないかと。重機はその頃からやっぱり頑丈なんだなとえらい感心しました。

で、そんなコマツさんのテクノロジーがどのぐらいのレベルに来ているかというと、300t積載量のトラックをGPSなどを使い、無人で誤差10ミリの精度で操作しているそうです。

10mmって! 1cm?!

カーナビを使っても地図からずれるなんてしょっちゅうなのに、しかも並のトラックなどとは及びもつかないサイズの300t積載トラックが、1cmの精度でコントロールされているそうです。もうここまでくると無人操縦ロボとかの世界と言っても過言ではないですな。素晴らしい。

日立建機さん側では、さまざまな事例を中心に紹介。重機のオーナーの人達は、本当の本当に重機が好きな(しかもシャイな)人が多いそうです。

沖縄の解体業の会社の重機には、オーナーが戦艦マニアのため、戦艦の名前がついているそうな。戦艦大和やら赤城やらの名前がついています。そして、そういった名前のついた重機が米軍の施設を解体したりするという。うわお! ちなみにその戦艦シリーズの最新作(?)は宇宙戦艦ヤマトだそうです。

日立建機さんの地雷除去機のビデオも流れていました。こちらからビデオを見ることができます。

http://www.hitachi-kenki.co.jp/company/environment/mine.html

地雷除去って、掘り出して撤去したりするんだと思っていたんですが、強引に地雷を爆発させちゃうんですね。1個1個を処理するのは非効率なほど地雷が埋まっているってことなんでしょうか。

あと個人的に感動したのがコマツの901.3。
なんていうかですね、木を切って枝を払って丸太にするというのを1台であっというまにやってしまうのです。もうまんまロボットなのですよ! videoは必見。

http://www.komatsuforest.com/default.asp?id=1207

まんまロボットと言えば、日立建機さんのASTACO。これはもうロボットです。ガンタンクぐらいは作れちゃうんじゃないかな。イベントで参考出典した時に、見学者&体験希望者が殺到したそうな。気持ちはわかる。

http://www.hitachi-kenki.co.jp/company/profile/research/machine.html

あと、コマツさんのケンキ王国とケンケンキッキも要チェック。こんなページがあったとは......

http://www.kenki.jp/
http://www.kenkenkikki.jp/

イベントの最後にはクイズ大会があり、クイズに勝ち残って賞品をいただいちゃいました。僕が選んだのはこの「The重建機」という本。絶版らしいです。すいません、本好きで。この本は写真も多くて素晴らしいです。ありがとうございました!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063662004/

パトレイバーという作品が近未来を舞台にして、こういう重建機から発展したレイバーという土木工事用のロボットおよび、そのレイバーによる犯罪を取り締まる警察用のレイバーが活躍する作品なのですが、この時代はもうすぐそこまで来ているな! と実感。2足歩行の部分を除けばもう実現できるんじゃないでしょうか。

この重機イベントも継続されるらしいし、おさらい見学会も予定されているらしいので楽しみにしていまーす。
posted by むーむー at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

風の谷

超久しぶりに更新しようと思い立ちました。
思い立ったが吉日ということで早速更新を。

3月の時点でどこまで進んだかというと、25Fクリアです。
というわけで以下はネタバレを。


続きを読む
posted by むーむー at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。